注文住宅・リフォームは一級建築士事務所の太平建設へ

TOP > 注文住宅 > 各構造体の特徴

太平建設の注文住宅

太平建設の注文住宅は、満足度が違います。

太平建設では軸組構法を中心とした住宅を手がけており、木造ならではの間取りと空間が安心出来る落ち着いた雰囲気をかもし出します。設計段階においては、耐震性能、耐久性などについて細かく検討する一方で、お客様のイメージに見合う外壁や内装などのコーディネートしながら調和の取れた住宅をめざします。

郷の家

天然無垢材を用いた規格住宅『郷の家-さとのいえ-』
「最高品質の天然木の家を費用を抑えて建てる」をコンセプトに、CO2ゼロ・化石燃料ゼロ・ホルムアルデヒトゼロのスリーゼロを達成し、健康的で高耐震、高耐久を実現した人気の住宅です。
※郷の家について詳しくはこちら  

郷の家

これまで木造軸組構法の最大のウィークポイントは、柱と梁の接合部でした。耐震化金物構法は、高精度・高強度を誇る金物で、構造の柱・梁・土台をバラつきなく確実に接合。バランスの良い接合部を保つ剛構造で、木造建築の耐震性や耐久性を格段に高めます。従来のHSZ金物の特長をベースに、小型化(奥行き従来比:約1/2)をはかることで、技術面とコスト面両方のメリットをさらに向上させたものを太平建設では使用しています。

  • 耐震化金物工法
  • 耐震化金物工法
  • 耐震化金物工法

郷の家

優れた耐震性。柱や梁の少ない、広々とした大空間。その両方を備えた、ぬくもりのある木の家に住みたい。皆様のそんな思いを、木造住宅の構造を計算することによって実現した構法。それが、SE構法です。 SE構法なら、通常の在来工法や2×4工法ではあきらめていた、ビルトインガレージや吹き抜けのある3階建てなど、望み通りの自由な空間づくりが可能になります。
※SE構法について詳しくはこちら 

  • SE工法
  • SE工法
  • SE工法
注文住宅は高いは間違い

太平建設では土地活用のご提案として、主に低/中規模の共同住宅をRC造で手掛けてまいりました。 RC造は設計の自由度が比較的大きく、多彩なご提案が可能であるはかりでなく、耐久性や耐震性、品質においても従来に増して高いものとなってきています。さらに最近では、鉄や木などとの混構造も見受けられRC造の印象も変わりつつあります。戸建住宅規模でのRC造は現在のところ一般的ではありませんが、近年「住まい方」における考えが多様化していることに加え、コーポラティブハウスやSI(スケルトン・インフィル)化住宅、あるいは低層のテラスハウスなどの住宅が実現し、広く一般化するようになって、RC造はこうした特徴のある住宅のあり方とともに新たな一面を造り出しています。

  • 鉄筋コンクリート
  • 鉄筋コンクリート
  • 鉄筋コンクリート
太平建設のトータルシステムで理想の家を末永くサポート

鉄骨造は店舗や倉庫などで多く採用されています。近年では、鉄骨造の住宅を要望されるお客様が増えていますが、当社ではこれまでに店舗や事務所兼用の住宅などでもご提案させていただいています。鉄骨部材は材質、サイズなどが規格化され、その品質が厳しく保たれており、すべて工場で加工・製品化されるため精度の高いものとなっていることが特徴です。また、施工現場の建て方においても細かな規定があり、高い信頼性を得ています。

  • 鉄筋造
  • 鉄筋造
  • 鉄筋造
Copyright(C) 2014 TAIHEI KENSETSU all rights reserved.