注文住宅・リフォームは一級建築士事務所の太平建設へ

TOP > 施工事例 > 一般住宅 > 外張り断熱工法 M様邸

外張り断熱工法

M様邸 (木造軸組工法 2階建て) 

『外張り断熱・遮熱工法』を採用しています。

旭化成建材フォトコンテスト ダイヤモンド賞 受賞
☆『東京の注文住宅』掲載

外張り断熱工法は、柱・梁などの構造材の外側に、主にボード系の発砲断熱材やアルミ遮熱シートを貼り付けていく工法です。
 繊維系断熱材と比較すると、透湿抵抗が大きく(水蒸気を通しにくいという意味)、吸水量が小さい(水蒸気や水を吸いにくい)ため、壁内結露の心配もほとんどありません。
最大のメリットは、断熱・遮熱材を隙間なく連続して施工できることで、熱橋部分が出来ない事で、壁内結露を防止し、建物の寿命を長く保つ事が出来ます。

1.基礎外断熱
2.屋根外張り断熱工法施工 
3.屋根外張り断熱工法施工
4.外壁外張り断熱工法施工
5.外壁外張り断熱工法施工
6.完成
7.吹き抜けリビング
Copyright(C) 2014 TAIHEI KENSETSU all rights reserved.